お盆のお墓参りでの質問

みなさん、こんにちは。はなよし広報部・亀山です。

お盆休みに入った企業さんも多いと思います。

全国的に13日~16日までお盆としてお墓参りに行かれる方も多いと思いますが

先日、お客様から「線香の火を息で消して行けないのはなぜでしょうか?」

質問がありました。

まずは、なぜ線香をあげるかと言いますと、いくつか理由や役割があり

・線香の香りは仏教上、身を清らかにする。

・あの世で成仏された故人や先祖様への向き合う人たちの「邪気を払う」役割

・亡くなった方が線香の香りを食べる意味

・線香をあげて故人を思う気持ちが、線香の香りや煙に載せて伝えられるという意味

などがあります。

息を吹きかけて消していけない理由としてはいろんな説はありますが

人間の口は不浄なものを飲んだり食べたりして、時には悪口を言ってしまうことから

汚れのあるものとされています。

なので、不浄な口から出た息を吹きかけるのは、

仏様に対してツバをかけるのと同等とされているので

線香の火を消すときは息を吹きかけないで

手であおいで消すのが良いと言われております。

お客様から、やっていけないことの理由を知って勉強になりますとの言葉を頂きました。

お盆の時期は、お墓参りをして先祖とのつながりに感謝したいと思います。